Skip to main content
:::国際医療センター > 特殊医療

生殖医学センター

Cited (1)
Updated 2020/6/19 11:43:15
Hits 411
生殖医学センター紹介
生殖医学科は国内で内視鏡診断を手術に応用している先駆的な医療部門の一つです。ここれは腹腔鏡、顕微腹腔鏡及び子宮鏡による生殖医学と発育不全手術はすでに全面的に行われています。こうした低侵襲手術は良性疾患への対処には重要な役割を果たしており、更には傷口が小さく、回復が早く、治療効果に優れることが特色ですので、女性患者には大変助かる手術法と言えるでしょう。生殖医学科は衛生福利部が許可した体外受精の施術と教育研修機関であり、体外受精児、配偶子卵管内移植法での出生児、卵管胚移植、精子注入法、睾丸生検採精、胚凍結、共培養、胚盤胞培養、胚生検、二段階胚移植法、レーザによる孵化補助法、卵子凍結と卵巣組織凍結などの各種技術のように、先進的な人工生殖技術を備えています。求められるレベルを超えた成功率をもたらし、発育不全の夫婦の出産への願いをかなえる強みがここにあります。全国で人工生殖を行う各部門の技術担当者と医師が研修・学習に訪れるのにも最適な場所ともなっています。
当院の特色
生殖センター集合写真病院の特徴技術者
  • 専門医療チームによる完備された医療手順
  • 夫婦向けに体制が整ったコンサルティングと医療ケア
  • 暫定的な検査結果が迅速に判明
  • 精密な低侵襲手術で、不妊症の原因を明確にします
  • 以下のような先進的な人工生殖技術を備えています
    1.  人工授精
    2. 体外受精児 
    3. 卵細胞質内精子注入法
    4. レーザによる孵化補助法
    5.  胚盤胞培養
    6.  精子と胚凍結技術
    7. 睾丸生検採精
    8. 胚生検/遺伝診断
    9. 卵子凍結
    10. 卵巣組織凍結
    11. 精子・卵子を寄贈
  • 正確な採卵手術、胚培養、胚凍結融解及び胚移植手順
  • 妊娠以降の医療ケアと遺伝カウンセリングの取扱先紹介
お問い合わせ先
 
Go Top