跳到主要內容區塊
:::国際医療センター > 医療チームの紹介

医療チームの紹介

引用 (0)
轉寄
最後更新時間:2020/4/9 16:48:29
點閱:134
(一)内科部
 台中栄民総医院内科部ウェブサイト
内科部では、消化器内科、胸腔内科、内分泌新陳代謝科、感染症科、腎臓科、血液腫瘍科、アレルギー免疫リウマチ科、呼吸療法科及び一般内科などの9部門を設け、国内外から新たな診療技術と方法を導入し、診断率と治療効果を高めています。そのうち胸腔内科は、中部では肺がんの臨床医療と研究の中心であり、各種国際臨床研究では実施件数、データの品質のいずれも全国第一を誇っています。またアレルギー免疫リウマチ科では、全国で始めて「関節炎早期診断センター」を設立し、全国で初めて患者会「蝶クラブ」を設立しました。そして消化器内科では、「内視鏡センター」を設立しました。

(二) 外科部
 台中栄民総医院外科部ウェブサイト
外科部では、一般外科、泌尿器外科、大腸直腸外科、再建整形外科、胸腔外科、小児外科、移植外科、乳房腫瘤外科など8の医療診療科を設け、更には与えられた任務に応じて営養医療班、外科臨床技能センター及び一般医学外科など対応する機能を備えた組織編制を行っています。当部は特殊医療として、肝臓がん、乳がん、大腸直腸がん、前立腺がん、肺がんなどのがん診断、手術及び治療などが代表的な手術内容となります。臓器移植では心臓、肝臓、肺、腎臓及び生体肝臓、生体腎臓移植を行っています。低侵襲手術では、大腸直腸腹腔鏡下切除術、腹腔鏡下副腎、腎臓、前立腺切除術、胸腔鏡下胸腺、食道切除術、膿胸と気管異物除去などを行っています。そのほかにも、ダヴィンチロボットアームにより心臓冠動脈バイパス手術と前立腺全摘除術など複数の手術を行い、件数では全国水準を超え、国際水準に達しています。


(三) 婦人医学部
 台中栄民総医院婦人医学部ウェブサイト
婦人科、ハイリスク出産と産科、遺伝優生学科及び生殖内分泌不妊科など4科を部内に設け、更には与えられた任務に応じて婦人がん科と婦人泌尿器科を設立しています。そのうち産科で行う超音波検査は3、4次元立体実時間とカラードプラ法があり、高レベルでの各種胎児診断が行え、各種先天性異常と心臓などの疾患も対象となっています。また優生保護科では、医師、細胞遺伝学、生化学担当者と遺伝コンサルタントなどの人材を揃え、各種優生診断とコンサルティングを行っています。そして生殖医学科は精密な内視鏡下手術を行い、高い成功率を誇る各類人工生殖技術を備えています。


(四) 小児医学センター
 台中栄民総医院小児医学センターウェブサイト
小児医学センターは優秀な医療チームを擁し、いずれの各類小児医学診療分科も専門性を備え、医師が思いやりの心で根気強く最高レベルの小児医学サービスを行っています。当センターは、衛生福利部の委託を受けた優生保護コンサルティングセンター、発達遅滞児連合評価センター及び台湾中部地域ウイルス検査測定センターとなっています。小児医学センターが研究を進めてきた脳疾患の応急措置、ライ症候群では治癒率が全国一を誇り、欧米先進国と肩を並べます。近年ではエンテロウイルス重症化の発症機序研究と体外循環人工心肺治療でも優れた業績を残しています。当センターはエンテロウイルス重症化治療での突然死による死亡率は国内最低であり、中部地域でのエンテロウイルスとインフルエンザ重症化委員会の地域指導病院となっています。小児医学センターは国内では希少疾患対策推進での重要拠点であり、国内外で初めて確認された疾患、希少疾患の遺伝子発見事例も以前より数多くあります。また他院に先駆け中部地域の「お母さんと赤ちゃんに優しい病院」の普及に務め、政府による全国母乳哺育コンサルティングネットワーク構築に協力し、また母乳哺育電話相談窓口を設置しています。そしてドナルド・マクドナルドの親子専用ルームを設置し、世界ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズのサービス賞を受賞しました。

(五) 神経医学センター
 台中栄民総医院神経医学センターウェブサイト
神経医学センターは2013年11月に設立され、これにより神経内科と神経外科の2科による協力が更に緊密になりました。構成員は積極的で真摯な思い、絶えず向上する姿勢をこだわりとしています。医療サービスで完全な水準を誇るだけでなく、学術研究についても日々発展を遂げ、際立った成果をあげています。そのうち神経内科は、一般神経科、神経筋疾患科、てんかん科に分かれます。そして神経外科は低侵襲性神経外科、脳腫瘍神経外科、介入型脳血管外科、機能神経外科に分かれます。内、外科統合後には医学研究、診療科及び診療分科の人材育成研修と教育、革新的医療技術の向上を積極的に推し進めており、これにより将来の試練に自ら挑み、患者さんに貢献する目標を達成します。


(六) 整形外科
 台中栄民総医院整形外科ウェブサイト
整形外科部は関節再建科、脊椎外科、骨折創傷科、スポーツ医学科及び骨疾患科など5科を設けています。重要な業務は医療、教育、研究ですが、更に医療の質的向上を図るため、すでに2007年には診療分科化の形態に向け分科を進めており、関節再建科、脊椎外科、骨折創傷科、骨疾患科の計4科となりました。また2013年11月1日には組織再編を行い、診療分科としてスポーツ医学科を設立し、 2014年2月6日には整形外科生体力学研究室を設立することで、関連する研究と新型骨接合材の開発を強化しています。そして手外科とくるぶし外科などにより、将来発展する方向性を描いています。